スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の大学生とアメリカの大学生

06 29, 2011
夏まっさかりな天気ですね。
冷房が手放せません。

こんにちは。DAです。


さて、最近、縁あってアメリカのバークレイの大学生と一緒にお話する機会がありました。
彼らと話してみて本当に感銘を受けた。
いろんな話題で話をしたのですが、とにかく僕が一番感じたことは、日本の大学はだめだということ。

ご存じの方も多いと思うが、日本の大学は入ることは難しいが、入った後は天国。
のうのうと生きているだけで単位が降ってきて就職も楽々・・・
(あくまでトレンドとしてであって個人個人見るとものすごくがんばっている方々がいるのも十分承知です)

たいしてアメリカの大学は入ることは日本に比べると容易であるけれども、入ってからが大変。
ちょっとでも気を抜くと卒業がどんどん遠のいてしまう。

もちろん日本の制度でも自分でやるやつはやるし、アメリカの制度でもできないやつはできないだろうから、
そこら辺は個人の問題でもあろう。

だが、「研究をする」ことを考えた場合には明らかにアメリカの方が有利であることは確かである。
まず世界中から人材が集まっているという点。
そして、英語が母国語であるという点。

ほかにも研究費の観点とかいろいろあるだろうが、僕は上記2つが最も重要だと感じる。
ただし、僕の専攻している情報工学の分野ではだが。


僕はもう4年生で、来年には同大学の大学院に進学することが決まっている。
この決定は変更しないが、どの段階かでアメリカに行っていろいろ学んでみたいと思う。
彼らに出会って本当に良かったと感じる。

とりあえず、僕は英語が苦手であるので、そこを補うことからスタートせねば。
DAの研究の道はまだまだ長いのである。




と、がんばろうという意気込みでこの記事を書いてみました。
ほとんど勢いです。

では、今日はこの辺で。
スポンサーサイト
0 CommentsPosted in 日常
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
プロフィール

DA

Author:DA
こんにちは。川崎市在住のDAです。
大学生を営んでいますが、趣味で音楽を少々かじっています。
DTMでデモを作ってバンド活動を行っています。ちなみにパートはキーボードです。

あと、Apple製品と音楽機材が大好きですね。Mac最高!

ブロとも、リンクなど歓迎します。お気軽にどうぞ。

ブロとも申請フォーム
ついったー
フォロー歓迎!!
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
友人に誘われてカウンターつけてみました。
1月15日設置。
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。