スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年夏 アメリカの旅(1) <ボストン到着編>

09 21, 2010
9月2日(日本時間)

DAの朝は早い。
興奮のためか、朝は7時に起床。
マンゴーオレンジのスーツケースを引っ張って京成上野に到着したのが午前10時20分。
緊張のためか気分が優れない。上野の薬局で漢方を購入し、駅にてtwelfth君と合流。

ここからtwelfth君との1週間が始まる。

午前11時。京成スカイライナーが上野駅から滑り出す。

P1030132.jpg
<新型スカイライナーかっこいい!>

P1030135.jpg
<新型スカイライナーの車内>


非常に快適な車内。スーツケース置き場も広く、申し分ない。出発してすぐに日暮里駅に停車。そして成田空港へ向けて走り出す。途中、隅田川、荒川を抜け、スカイツリーを横目に東京を抜ける。160km/hの世界を終えるとそこは日本の空の玄関口。
驚くべきところは、空港に入る時もIDチェックがあるということだ。

時間のゆとりはあるが、早々にチェックインすることに。デルタ航空のカウンターにいく。
あらかじめeチケットを取っていると、パスポートチェックだけでチェックインが完了する。

スーツケースを預け、身軽になった我々は、最後の日本食を食べるべく、空港内のそば屋でそばをすすることに。これから、この日本食ともお別れなのだと思うと、非常に感慨深い食事となった。

さて、問題なく手荷物チェックを終え、出国手続きも楽々終了。途中、CHANELの香水をお姉さんに吹きかけられるという事件もあったが、ほとんど何事もなく飛行機に搭乗できた。このときDAは思っていた。「なんだ、海外旅行なんて余裕じゃねーかwww」と。しかし、この考えはすぐに覆される

P1030147.jpg


P1030150.jpg


搭乗した航空機はデルタ航空。日本語が話せる搭乗員はいるが、ほとんどは現地の人。話す言語は英語。そりゃそうだ、西洋人に取っちゃ日本人も韓国人も中国人も同じに見えるからね。しかも、そういう人は結構多いんです。

しかしながら、航空機に乗るのは実家が福岡のDAにとっちゃ普通のこと。別段なにもなかった。後ろのアジア系の外国人がポータブルDVDプレーヤーで音をガンガンだしながら子供番組をガキに見せていたり、ガキがぐずってうるさかったりしたこと以外は・・・

機内食は想像よりもおいしかった。「Beef of Chicken?」の件はすぐに対応可能であったが、三度目の食事の「omlet?」はわかんなかった。「noodle or アムルェット?」なんだよアムルェットってwww 事前に配られたメニューを見るとどうやらオムレツらしい。すごいわかんなくて焦ったわ。 

まあ、機内での出来事なんてこんなもの。ほとんど寝てたりDSしたり。そうこうしているうちに(実際はそうこうという言葉とはほど遠いほどの時間だったが)アメリカ、ニューヨークはJFK空港に到着。



9月2日(アメリカ東部時間)

<15時>
さて、ここからが日本語が一切通じない世界。まずは入国審査。ここからDAの不運な一日が始まる。
まず、並んだ窓口の前のおばさんが長い長い。どうやら指紋がほとんどないらしい。指紋の照合、採取がなんどやってもうまくいかないらしい。やっと通過できたと思ったら、今度は待てど暮らせどスーツケースが出てこない。
やっと出てきて国内線トランジットの方に行こうとすると、DAだけ、なんか女の職員に言いがかりをつけられる。どうやら「何の目的で来たんだ?」といっている。もちろん「sight seeing」なのだが、どうして俺だけに?という疑問が俺の思考を停止させる。こわい。アメリカこわい。
さらに、金属探知機を通ると、反応し、怖い黒人の職員から「Step back!!」と大声で怒鳴られるし。もういやだ。アメリカいやだ。
やっとの事で乗り継ぎの場所へ行くことができると、もう時差ぼけで眠い眠い。腹ごしらえで初めてのピザを購入。とにかくでかい。そしてうまい。コーラは最高だね。
その後、デルタ航空でボストンへ向かう。


P1030157.jpg
<JFK空港にあった自販機。iPodとか売ってる>


P1030158.jpg
<アメリカでの初ピザ。こんなん食ってるからピザになるんだよ>



<21時>
ボストンローガン国際空港に到着後、またも出てくるのが遅いスーツケースをようやくピックアップして、予定通りチェルシーのホテルへ向かうことに。

予定では、空港→(ローガンシャトル)→AirPortStation→(T ブルーライン)→Maverick→バス→ホテル であったのだが、Maverickの段階ですでに22時。バスはもちろんあるはずなのだが、来ない。 仕方ないからタクシーを使おとして、運転手に値段を聞いてみると25ドルだとよ。ふっかけられそうになったけれども、twelfth君がなんとか阻止してくれた。運転手とのやりとりをみていた宗教の布教活動をしていたスパニッシュ系の人々に声をかけてもらい、事情を説明。すると、どうやら助けてくれるらしいという。知り合いのタクシーを呼んでもらえるとかなんとか。
怪しいと思いつつも、宗教パワーを信じることに。10分後、車が到着。車内ではいろいろpoorな英語で会話を行った。そうこうしているうちにすぐにホテルに到着。値段は7ドルでいいと言っていたが、気持ちを込めて10ドル渡した。そして最後に堅い握手を交わした。
かくして激動の一日は幕を閉じたのだ。その日はゆっくり休むことにした。ホテルは、Wyndham Bostonというホテルで、1泊1万円するかしないかの値段なのに、かなり広めできれい。最高の寝心地だった。


P1030161.jpg
<ボストンの地下鉄Tのブルーライン>

P1030163.jpg
<滞在したホテル Wyndham Boston 翌朝撮ったもの>


こうして僕ら2人の初めてのアメリカ旅行が幕を開けたのだ。



ボストン到着編 <完>


次を書き次第、リンクを張ります。
スポンサーサイト
3 CommentsPosted in 旅行
-3 Comments
By yori09 22, 2010 - URL [ edit ]

入国目的聞かれるのはデフォだお!
愛想良くしてりゃ大丈夫だろw アメリカは知らんけど。

By ぬほ09 23, 2010 - URL [ edit ]

DAさ~ん!!おかえりなさいです(*゚∀゚*)i-189
旅行記、詳しく書いてあって読んでて楽しいし、おもしろいです!!i-184
アムルェットwwwわかんなすwwww そうか…オムレツって英語でアムルェットって言うんですね…i-190なんかの魔法呪文のようですwww


アメリカ、相当怖かったということがよく伝わりましたwww
なんかワケわからんとこで呼び止められたりしますよねi-238あれは何なんでしょうかwww
 金属探知機は何に反応してしまったのでしょうか?(゚Д゚ )?

じ…自販機でiPodとか買ってみたい…wwwww


宗教パワーすごいですwww
なんか最後に熱い友情が芽生えていますねwwww
…25ドルは…タクシーでは…ありえませぬな…(*↑∀↑)i-201

ぬほもハワイに行った時、80ドルの指輪を買わされましたwww
(旅行最終日で、ドルを使いきりたかったんで「まぁいいか」とww)
アメリカww腹黒wwwww


次の記事も待ってます♪

By DA09 24, 2010 - URL [ edit ]

>>yoriさん

いやぁ。入国審査の時に聞かれたからもう終わりと思って気を抜いていた。
ところで、なんで俺だけ捕まったんだろう・・・


>>ぬほさん

ほんとうにアメリカは怖い国でした。でもでも、一度は絶対に行きたい国ですね。
ハワイの80ドルの指輪www
奴らは観光客をカモとおもっているから注意です。

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
プロフィール

DA

Author:DA
こんにちは。川崎市在住のDAです。
大学生を営んでいますが、趣味で音楽を少々かじっています。
DTMでデモを作ってバンド活動を行っています。ちなみにパートはキーボードです。

あと、Apple製品と音楽機材が大好きですね。Mac最高!

ブロとも、リンクなど歓迎します。お気軽にどうぞ。

ブロとも申請フォーム
ついったー
フォロー歓迎!!
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
友人に誘われてカウンターつけてみました。
1月15日設置。
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。