スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Apple Back to the Macを終えて

10 21, 2010
こんにちは。DAです。


さて、昨日(正確には今日の早朝)にAppleのイベント、Back to the Macがありました。
そこでは、いろいろわくわくするような製品が発表されました。


○ iLife'11

あたらしいiLifeではよりさまざまな機能が付け加えられました。
もはや、プロユースの音楽、映像制作以外では必要十分と言えるほどの機能をもったGarageBand と iMovie。
新しいMacにはすべて入っています。
また、新しく購入しても4800円という安さ。すばらしい。

○ Mac OS X 10.7 Lion

あたらしいOSXが発表されました。発売は来年の夏。
新しい機能としては、フリックによるあたかもiPhoneやiPadかのような
アプリ選択が出来るようになっている点。
スペックなどは詳細に明かされてませんが、詳しくは来年のWWDCでしょうか。

○ MacAppStore

ついに、iPhone, iPadでおなじみのAppStoreがMacにも登場。
90日以内にオープンするそうです。
これでもしかしたらiWorkのKeynoteだけとかPagesだけとか買えるようになるかもしれませんね。
だとしたらKeynoteはめっちゃ売れるだろうな。
デベロッパーとして参加したい気分です。

○ One more thing...

ついに来ました。本命。MacbookAirの新型。
ちょっとまとめると、



ディスプレイ  CPU   ストレージ  RAM   価格
11.6      1.4GHz   64GB    2GB   88,800円
11.6      1.4GHz   64GB    4GB   98,880円
11.6      1.4GHz   128GB   2GB   108,800円
11.6      1.4GHz   128GB   4GB   118,880円
11.6      1.6GHz   128GB   2GB   118,565円
11.6      1.6GHz   128GB   4GB   128,645円
13.3      1.86GHz  128GB    2GB   118,800円
13.3      1.86GHz  128GB    4GB   128,880円
13.3      1.86GHz  256GB    2GB   148,800円
13.3      1.86GHz  256GB    4GB   158,880円
13.3      2.13GHz  256GB    2GB   158,250円
13.3      2.13GHz  256GB    4GB   168,330円


とまぁ、こんな感じになっています。
ストレージはすべてがフラッシュストレージ。
簡単に言うとSSDの裸のやつってことかな??

CPUはすべてIntel Core2Duo
RAMはDDR3 1,066MHz
グラフィックスはNVIDIA GeForce 320Mグラフィックプロセッサ、256MB DDR3 SDRAMをメインメモリと共有

USB2.0を2ポート搭載し、13.3インチモデルのみ、SDカードスロットルを装備。


ディスプレイは、どのモデルも高解像度クリアワイドスクリーンディスプレイ、LEDバックライト搭載、約1,670万色対応であり、標準解像度は11.6インチが1,366 x 768、13.3インチで1,440 x 900。

注意すべきなのは11.6インチは横長。俗に言うアスペクト比16:9となり、13.3インチは現行のMacbookシリーズと同じ比率である。

重量は11.6インチで1.06kg、13.3インチで1.32kg

サイズは11.6インチが
高さ:0.3~1.7 cm
幅:29.95 cm
奥行き:19.2 cm

13.3インチが
高さ:0.3~1.7 cm
幅:32.5 cm
奥行き:22.7 cm


となっています。また、重要なバッテリなのですが、Apple公式によりますと、
ワイヤレス環境で最大5時間。スタンバイ時間は驚きの最大30日間。

これは使えるのではないか??

もちろんWi-Fi、Bluetoothは標準装備。





とまあ、つらつらとスペックを書いていっているのですが、買うとすれば正直どれなのか??
かなりの悩み所ですよね。

もちろん、どのように使うかによるのですが、

Illustrator, Photoshopなどグラフィックを扱う人、Logicなどで音楽を作る人、FinalCutで動画を作る人、スペックを重視する人はAirはやめましょう。
どさくさに紛れて安くなったMacbookProかiMac,MacProを買った方がきっと幸せになれます。

大学に持って行って、ネットみたり、Mailみたり、PDFみたり、文書作ったりする人。自宅にメインPCがある人にとっては、正直、一番安い奴で良いと思います。
なんて言ったってコストパフォーマンスが良い。RAMも2GBで十分。ストレージも動画とか音楽、写真を突っ込まないのであればストレージも64GBで十分でしょう。

DAもこれを買います。

ちなみにDAは未だにTiger時代のMacbookを使ってますが、困ったことはそうそう有りません。
メモリも2GBでCPUも2.16GHzです。

まぁ、たいしたことしてないんだけどね。
学業柄、プログラム書いたり、してる程度です。

とにかく持ち運びたい、サブマシンとしてつかいたいという人にとってはかなり魅力的なマシンになることでしょうね。正直iLifeなんてついて無くて良いのにと思ってしまいます。



なにはともあれ、早く実機を触ってみたいです。
まだAppleストアには来てないみたいですが、楽しみです。


あとは、大学院に入るときにMacbookPro 15インチを買いたいですね。
メインマシンとして。




とまぁ、今日はこのへんで。

ではでは。



スポンサーサイト
0 CommentsPosted in Mac

2010年夏 アメリカの旅(3) <ボスト満喫編>

10 21, 2010
更新が滞ってしまいました。
元気です。DAです。

さて、早速、続きから。


9月4日(アメリカ東部時間)

今日も早々と目が覚める。
今日は土曜日で、HayMarket駅にて朝市が繰り広げられているらしい。せっかくなので、地元民が多く集う場所に行ってみることに。

しかし、今日はすごくいい天気。絶好のマーケット日よりですな。

バス一本で到着するHayMarket駅。そこから徒歩で5分。おしゃれなボストンの町並みの中に賑やかな場所を発見する。

到着して、マーケットを一目見て非常に驚いた。
そこには、見慣れた野菜、果物から、なんだこれっと言いたくなるような果物まで、多くの品物が所狭しと並べられているのだ。


<マーケットの様子>
P1030360.jpg

P1030367.jpg

P1030371.jpg

P1030362.jpg


そして、さらに驚くべきことはその安さ。なんとオレンジが10個で1ドルだったり、イチゴが一パック1ドルだったりと、正直あり得ないほどの安さ。

朝ご飯を食べていない我々は、取り合えずイチゴを買ってみることに。

P1030377.jpg
<購入したイチゴ。たった$1>



うん。十分な大きさ。甘さは日本のイチゴに及ばないものの、大地で育てられた非常にワイルドな味がして、これはこれで良い。

しかしまあ、観光客がかってすぐに食べられるものなんてそんなにあるわけでもなく、市場の中にあったピザ屋で朝食のピザをいただく。

値段も、非常にリーズナブル。ペプシと一緒に買ってもたったの3ドルだった。

P1030382.jpg
<毎度おなじみ。ピザとペプシ。もはや中毒>



さて、おなかも満たしたところで、ボストン市内を歩いてまわる。
有名スポットを散策しながらの朝の散歩はまた格別に気持ちがよい。


P1030393.jpg
<ボストン中心街。とても美しい>

P1030407.jpg
<ボストン虐殺跡地。うしろは旧州会議事堂>

P1030413.jpg
<偶然見つけた古本や。味のあるたたずまい>

P1030417.jpg
<本当に天気が良く、絶好の観光日よりだった>

P1030427.jpg
<日本食レストラン発見! 世界の日本食>

P1030432.jpg
<マサチューセッツ州会議事堂とDA(初登場??)>

P1030441.jpg
<ボストンのセントラルパーク。憩いの場の一つ>

P1030451.jpg
<これまた偶然見つけた店。日本で言うところのホームセンター>



さて、どんどん歩いて行くうちに、チャールズ川まで来てしまった。
しかしながらボストン市民の生活は実に充実してそうである。チャールズ川沿いの道では、親子でサイクリングをしていたり、ジョギングをしていたりする人が非常に多い。また、川ではヨットを優雅に乗りこなしている人々もいる。
川沿いに寝そべっている人々もいる。
なんともゆっくりと時間が過ぎている町だなと感じた。

P1030462.jpg
<チャールズ川近くのTの駅。現代的だなぁ。>

P1030466.jpg
<チャールズ川。とても美しいく気持ちがいい>

P1030487.jpg
<川沿いでちょいと休憩>



しばらく休憩した後に、Tの駅まで少し歩いた。
そこからグリーンラインに乗り、ボストン公共図書館の方へ。

そこからさらに散策が始まる。

最初に目にしたのは、ジョンハンコックタワーである。このタワーは大学の都市工学の授業の時に説明され、印象に残っているのだが、強風でガラスが吹き飛び、完成が遅れるというハプニングがあったのだ。
このビル、全面ガラス張りであるので、となりにあるトリニティ教会がきれいにビルに映るのである。
すばらしい眺めであった。

P1030497.jpg
<ジョンハンコックタワー>

P1030509.jpg
<タワーのエントランス>

P1030503.jpg
<トリニティ教会>


その後はボストン公共図書館へお邪魔することに。
さすがアメリカの図書館。規模が違いすぎる!!


P1030501.jpg
<壮大な外観を誇る図書館>

P1030516.jpg
<なかにはなんと噴水!!ここで読書したい>

P1030525.jpg
<有名な人が描いたらしいです。はい。>

P1030529.jpg
<ここで勉強してみた。ハリーポッターみたいな世界>

P1030539.jpg
<もちろん本もたくさん>

P1030541.jpg
<日本の本もwww>



なんというか、日本ではこんなのありえない。こんな場所で勉強したいものよと思ってします。



さて、つぎに向かうのが、ボストンのショッピングセンター。やはり日本のそれと非常に似ていると思う。というか日本がアメリカのをパクってるからね(笑)

すこし落ち着く雰囲気。日本人観光客の姿もちらほら。

そこにはSONY専門のショップも入っている。さすが世界のソニー。

P1030549.jpg
<SONY STYLEです>

P1030551.jpg
<日本未発売??の書籍リーダー>


レストラン「wagamama」という日本食レストランも入っていた。すごい。さすが日本食ブームだけある。

P1030553.jpg
<wagamama レストラン>

さて、ショッピングセンターに入っていた「Best Of Boston」というボストン土産専門店でロブスターのぬいぐるみを購入して終了。

それから散策へと戻る。

まだまだ時間があるので、今度は南側。SouthStationへと向かう。
SouthStationには日本領事館などが集まるとともに、歴史的事件が起こった場所がある。 「ボストン茶会事件」である。 小学生の時に聞いて以来、久しぶりにこのことばを聞いた気がする。 その歴史的な場所でなんと実際にお茶っ葉を海に投げ入れることが出来るのだ。 正確には出来たのだ。
あるはずのところにそのイベント船はない。
地元民らしい夫婦に聞いてみると、
「ああ。茶会船ね。沈んだよ、火事でね。HAHAHA。」
だと。

せっかく来たのに。


P1030569.jpg
<茶会事件跡地>

P1030567.jpg
<なぜかセグウェイwww>

まあ、いいや。仕方がないので橋を渡り、向かいの子供博物館へ。

といってもガキが遊ぶ場所なので、我々はパス。近くでお茶にすることに。
せっかく茶会事件のところに来たのだから紅茶を飲まなくてはとおもい、「tea please」と注文。
出てきたteaなのだが、なぜかウーロン茶であった。
かなり、テンションが落ちてしまった・・・

まぁ、気を取り直して、ボストン中心街へと戻る。
時間も時間だし、適当に散策して、今度は先ほどと違うショッピングセンターらしきところへ。


かなり賑わっている。
ここでもいろいろなお土産を物色。

おなかも減る頃合いなので、レストランを探していると、またもや「wagamama」レストランを見つける。

焼きそばと枝豆とビールを注文。

P1030586.jpg
<パフォーマンスしてました>

P1030593.jpg
<最高の休日。映画の中に来たみたい>

P1030610.jpg
<やきそば。味は・・・>



正直焼きそばは薄味でキノコがいっぱいであまりおいしくはなかったし、結構割高であったけど、現地人を尻目に、最高の箸裁きを見せつけてやれたのは非常に気持ちよかった。

ちゃんと箸が持ててよかったなと感じたね。

さて、おなかもふくれたところで、時間も早いけどホテルに戻ることに。

朝と逆のルートで帰るので、マーケットがあったところをたどって戻る。

ここで、我々は驚愕する。
朝、マーケットをやっていた場所はとても悲惨なことになっていた。
ゴミだらけなのだ。

でっかいブルドーザーで職員が片付けをしている。
やはりアメリカは効率主義なのだなと思った。どうせあとで片づけるのだから放置していってもかまわないだろうという考えなのか。
もしかしたら、作業員の報酬が出来高で、集めたゴミの量に応じて賃金が増えるのかもしれない。
こういうところはアメリカ社会になじまない我々には少々理解しがたいところだなと感じた。

P1030621.jpg
<すっごいゴミwww>


それから、ホテル近くのスーパーに立ち寄り、ホテルへ帰ってくる。
明日はチェックアウトとニューヨーク入りだ。
いろいろ不安になりながらも、荷物をまとめ、早めにベッドに入った。




9月4日


今日も朝は早い。
起きたらすぐにチェックアウト。

アメリカの国内線は不慣れだから、早めに出発する。

といっても空港は近い。すぐにローガン空港に到着する。
国内線は荷物預けに25ドルかかるということに驚きながらもチェックイン完了。

時間はまだまだあるので、ちょっと早めの昼食としよう。

今回も例のごとくピザ。アメリカに来てピザが板についてきたかな。
健康も考えてサラダも一緒に食べる。

そうこうしているうちに、搭乗の時間。
何が驚いたって、飛行機なのに自由席。はじめ、勝手がわからず、係の人に、席はどこですか?と訪ねたところ、「ここから後ろはどこでもすわっていいぜ!」と言っていた。

すごい。すごいぞ。


P1030648.jpg
<ボストン最後の食事もやっぱり?ピザ>

P1030647.jpg
<デルタシャトル>

P1030657.jpg
<いざ、ニューヨークへ>



たった数十分の飛行にもかかわらず、小型機であったため揺れに揺れた。
乗り慣れたDAも正直びびりました。


そしてNYはラガーディア空港に到着。バスにてマンハッタン、グランドセントラル駅へと到着。


いよいよ。ニューヨーク編がはじまる。


ボストン満喫編ー完ー



○2010年夏アメリカの旅インデックスへ
0 CommentsPosted in 旅行
プロフィール

DA

Author:DA
こんにちは。川崎市在住のDAです。
大学生を営んでいますが、趣味で音楽を少々かじっています。
DTMでデモを作ってバンド活動を行っています。ちなみにパートはキーボードです。

あと、Apple製品と音楽機材が大好きですね。Mac最高!

ブロとも、リンクなど歓迎します。お気軽にどうぞ。

ブロとも申請フォーム
ついったー
フォロー歓迎!!
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
友人に誘われてカウンターつけてみました。
1月15日設置。
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。