スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年夏 アメリカの旅(3) <ボスト満喫編>

10 21, 2010
更新が滞ってしまいました。
元気です。DAです。

さて、早速、続きから。


9月4日(アメリカ東部時間)

今日も早々と目が覚める。
今日は土曜日で、HayMarket駅にて朝市が繰り広げられているらしい。せっかくなので、地元民が多く集う場所に行ってみることに。

しかし、今日はすごくいい天気。絶好のマーケット日よりですな。

バス一本で到着するHayMarket駅。そこから徒歩で5分。おしゃれなボストンの町並みの中に賑やかな場所を発見する。

到着して、マーケットを一目見て非常に驚いた。
そこには、見慣れた野菜、果物から、なんだこれっと言いたくなるような果物まで、多くの品物が所狭しと並べられているのだ。


<マーケットの様子>
P1030360.jpg

P1030367.jpg

P1030371.jpg

P1030362.jpg


そして、さらに驚くべきことはその安さ。なんとオレンジが10個で1ドルだったり、イチゴが一パック1ドルだったりと、正直あり得ないほどの安さ。

朝ご飯を食べていない我々は、取り合えずイチゴを買ってみることに。

P1030377.jpg
<購入したイチゴ。たった$1>



うん。十分な大きさ。甘さは日本のイチゴに及ばないものの、大地で育てられた非常にワイルドな味がして、これはこれで良い。

しかしまあ、観光客がかってすぐに食べられるものなんてそんなにあるわけでもなく、市場の中にあったピザ屋で朝食のピザをいただく。

値段も、非常にリーズナブル。ペプシと一緒に買ってもたったの3ドルだった。

P1030382.jpg
<毎度おなじみ。ピザとペプシ。もはや中毒>



さて、おなかも満たしたところで、ボストン市内を歩いてまわる。
有名スポットを散策しながらの朝の散歩はまた格別に気持ちがよい。


P1030393.jpg
<ボストン中心街。とても美しい>

P1030407.jpg
<ボストン虐殺跡地。うしろは旧州会議事堂>

P1030413.jpg
<偶然見つけた古本や。味のあるたたずまい>

P1030417.jpg
<本当に天気が良く、絶好の観光日よりだった>

P1030427.jpg
<日本食レストラン発見! 世界の日本食>

P1030432.jpg
<マサチューセッツ州会議事堂とDA(初登場??)>

P1030441.jpg
<ボストンのセントラルパーク。憩いの場の一つ>

P1030451.jpg
<これまた偶然見つけた店。日本で言うところのホームセンター>



さて、どんどん歩いて行くうちに、チャールズ川まで来てしまった。
しかしながらボストン市民の生活は実に充実してそうである。チャールズ川沿いの道では、親子でサイクリングをしていたり、ジョギングをしていたりする人が非常に多い。また、川ではヨットを優雅に乗りこなしている人々もいる。
川沿いに寝そべっている人々もいる。
なんともゆっくりと時間が過ぎている町だなと感じた。

P1030462.jpg
<チャールズ川近くのTの駅。現代的だなぁ。>

P1030466.jpg
<チャールズ川。とても美しいく気持ちがいい>

P1030487.jpg
<川沿いでちょいと休憩>



しばらく休憩した後に、Tの駅まで少し歩いた。
そこからグリーンラインに乗り、ボストン公共図書館の方へ。

そこからさらに散策が始まる。

最初に目にしたのは、ジョンハンコックタワーである。このタワーは大学の都市工学の授業の時に説明され、印象に残っているのだが、強風でガラスが吹き飛び、完成が遅れるというハプニングがあったのだ。
このビル、全面ガラス張りであるので、となりにあるトリニティ教会がきれいにビルに映るのである。
すばらしい眺めであった。

P1030497.jpg
<ジョンハンコックタワー>

P1030509.jpg
<タワーのエントランス>

P1030503.jpg
<トリニティ教会>


その後はボストン公共図書館へお邪魔することに。
さすがアメリカの図書館。規模が違いすぎる!!


P1030501.jpg
<壮大な外観を誇る図書館>

P1030516.jpg
<なかにはなんと噴水!!ここで読書したい>

P1030525.jpg
<有名な人が描いたらしいです。はい。>

P1030529.jpg
<ここで勉強してみた。ハリーポッターみたいな世界>

P1030539.jpg
<もちろん本もたくさん>

P1030541.jpg
<日本の本もwww>



なんというか、日本ではこんなのありえない。こんな場所で勉強したいものよと思ってします。



さて、つぎに向かうのが、ボストンのショッピングセンター。やはり日本のそれと非常に似ていると思う。というか日本がアメリカのをパクってるからね(笑)

すこし落ち着く雰囲気。日本人観光客の姿もちらほら。

そこにはSONY専門のショップも入っている。さすが世界のソニー。

P1030549.jpg
<SONY STYLEです>

P1030551.jpg
<日本未発売??の書籍リーダー>


レストラン「wagamama」という日本食レストランも入っていた。すごい。さすが日本食ブームだけある。

P1030553.jpg
<wagamama レストラン>

さて、ショッピングセンターに入っていた「Best Of Boston」というボストン土産専門店でロブスターのぬいぐるみを購入して終了。

それから散策へと戻る。

まだまだ時間があるので、今度は南側。SouthStationへと向かう。
SouthStationには日本領事館などが集まるとともに、歴史的事件が起こった場所がある。 「ボストン茶会事件」である。 小学生の時に聞いて以来、久しぶりにこのことばを聞いた気がする。 その歴史的な場所でなんと実際にお茶っ葉を海に投げ入れることが出来るのだ。 正確には出来たのだ。
あるはずのところにそのイベント船はない。
地元民らしい夫婦に聞いてみると、
「ああ。茶会船ね。沈んだよ、火事でね。HAHAHA。」
だと。

せっかく来たのに。


P1030569.jpg
<茶会事件跡地>

P1030567.jpg
<なぜかセグウェイwww>

まあ、いいや。仕方がないので橋を渡り、向かいの子供博物館へ。

といってもガキが遊ぶ場所なので、我々はパス。近くでお茶にすることに。
せっかく茶会事件のところに来たのだから紅茶を飲まなくてはとおもい、「tea please」と注文。
出てきたteaなのだが、なぜかウーロン茶であった。
かなり、テンションが落ちてしまった・・・

まぁ、気を取り直して、ボストン中心街へと戻る。
時間も時間だし、適当に散策して、今度は先ほどと違うショッピングセンターらしきところへ。


かなり賑わっている。
ここでもいろいろなお土産を物色。

おなかも減る頃合いなので、レストランを探していると、またもや「wagamama」レストランを見つける。

焼きそばと枝豆とビールを注文。

P1030586.jpg
<パフォーマンスしてました>

P1030593.jpg
<最高の休日。映画の中に来たみたい>

P1030610.jpg
<やきそば。味は・・・>



正直焼きそばは薄味でキノコがいっぱいであまりおいしくはなかったし、結構割高であったけど、現地人を尻目に、最高の箸裁きを見せつけてやれたのは非常に気持ちよかった。

ちゃんと箸が持ててよかったなと感じたね。

さて、おなかもふくれたところで、時間も早いけどホテルに戻ることに。

朝と逆のルートで帰るので、マーケットがあったところをたどって戻る。

ここで、我々は驚愕する。
朝、マーケットをやっていた場所はとても悲惨なことになっていた。
ゴミだらけなのだ。

でっかいブルドーザーで職員が片付けをしている。
やはりアメリカは効率主義なのだなと思った。どうせあとで片づけるのだから放置していってもかまわないだろうという考えなのか。
もしかしたら、作業員の報酬が出来高で、集めたゴミの量に応じて賃金が増えるのかもしれない。
こういうところはアメリカ社会になじまない我々には少々理解しがたいところだなと感じた。

P1030621.jpg
<すっごいゴミwww>


それから、ホテル近くのスーパーに立ち寄り、ホテルへ帰ってくる。
明日はチェックアウトとニューヨーク入りだ。
いろいろ不安になりながらも、荷物をまとめ、早めにベッドに入った。




9月4日


今日も朝は早い。
起きたらすぐにチェックアウト。

アメリカの国内線は不慣れだから、早めに出発する。

といっても空港は近い。すぐにローガン空港に到着する。
国内線は荷物預けに25ドルかかるということに驚きながらもチェックイン完了。

時間はまだまだあるので、ちょっと早めの昼食としよう。

今回も例のごとくピザ。アメリカに来てピザが板についてきたかな。
健康も考えてサラダも一緒に食べる。

そうこうしているうちに、搭乗の時間。
何が驚いたって、飛行機なのに自由席。はじめ、勝手がわからず、係の人に、席はどこですか?と訪ねたところ、「ここから後ろはどこでもすわっていいぜ!」と言っていた。

すごい。すごいぞ。


P1030648.jpg
<ボストン最後の食事もやっぱり?ピザ>

P1030647.jpg
<デルタシャトル>

P1030657.jpg
<いざ、ニューヨークへ>



たった数十分の飛行にもかかわらず、小型機であったため揺れに揺れた。
乗り慣れたDAも正直びびりました。


そしてNYはラガーディア空港に到着。バスにてマンハッタン、グランドセントラル駅へと到着。


いよいよ。ニューヨーク編がはじまる。


ボストン満喫編ー完ー



○2010年夏アメリカの旅インデックスへ
スポンサーサイト
0 CommentsPosted in 旅行

2010年夏 アメリカの旅(2) <ボストン大学めぐり編>

09 24, 2010

9月3日(アメリカ東部時間)


朝は非常に目覚めがよい。目が朝の6時半に覚めたのだ。
時差ぼけなんて都市伝説だろ?と思うほどの気持ちの良さ。twelfth君も早めに起床。時間もあるので8時を回る前に出発。


P1030175.jpg
<ボストンの中心街の朝>

本日の予定は、ハーバード大学、マサチューセッツ工科大学へ行くこと。その後はノープラン。
ホテルから歩いて数百メートルのところにあるバス停からバスに乗り、Maverickステーションへ。そこから地下鉄を乗り継いで向かう。
途中、非常に気持ちがよかったので、ちょっと散歩して朝食を探す。
さすが中心街。ダンキンドーナッツがたくさんあったり、セブンイレブンがあったりと充実の品揃え。

P1030181.jpg
<ボストンのセブン。セルフのドリンク販売とかもあって、日本とは全然違う>

P1030182.jpg
<マルチャンのやきそば発見www>


そんなこんなで、ハーバード駅に到着。駅を出るとすぐに学生街らしい香りがする。駅前に生協ストアがあり、ハーバード大学グッズをたくさん売っていたりした。

P1030191.jpg
<Tの駅前の様子>

P1030192.jpg
<近くのカフェのテラス。チェスを打つ人もちらほら>


僕たちは一番近くにあった門から構内に入る。そして驚くべきはその大学の構内の広さ。町一つが大学といっても過言ではないほどの大規模さ。DAの大学のキャンパスの狭さと比べるとそれはもう歴然。
歩いて行くと、芝生にリスのような動物がいたり、テレビや本で見たことのある建物があったり、大変に興奮した。そして、観光客の多いこと。
こんなんでよく勉強できるなというくらいの数の観光客がいる。


P1030201.jpg
<リスですwww かわゆいwww>

P1030204.jpg

P1030215.jpg
<なんかみたことある建物>


なんだか観光客が集まっているなと思い、そこへ行ってみると、そこには「ジョン・ハーバード」の像があった。なぜか、足下の塗装がはげている。どうやら、足をさすると入学できるという言い伝えがあるようだ。

ミーハーなDAもさすってきましたwww


P1030224.jpg
<さするマダム>


その後は、建物に適当に入ってみたりする。たくさんMacがあったりしてびっくりしたけど、なにがびっくりしたって、Macのショップがあったんだよ。
もう驚き。あのリンゴマークをハーバードで拝めるとは・・・

P1030229.jpg
<エントランスにあるiMac>

P1030232.jpg
<大学の講義教室>

P1030235.jpg
<コンピュータルームでの講義風景>

P1030236.jpg
<Appleマークを掲げるショップ>


さて、そろそろマサチューセッツ工科大学に移動しようかなとおもい最後に駅の近くにある生協の書店へ行った。そこは。もう、ファンタジーの世界のようだった。
10万冊もの書籍。なかには日本の漫画の英語バージョンも売られていた。ほとんどの本はそろうのじゃないだろうか。
圧巻ですね。

P1030261.jpg
<こんな書店。映画でしかみたことないよ~>



ハーバードからマサチューセッツへは歩いてもいけるが、体力に自信がないので地下鉄を利用。そうそう。ボストンの地下鉄は、Tと呼ばれており、1回で2ドルほどかかる。しかしながら、チャーリーチケットの1週間フリーを買うとたったの15ドルで1週間乗り放題なのだ。超、お得!!

マサチューセッツについたらまず腹ごしらえ。ボストンと言ったら海の幸。ロブスターにクラムチャウダー。「リーガルシーフード」というアメリカのチェーン店に行き、片言の英語でロブスターとクラムチャウダーを注文。セットの方が安いよと教えてくれるやさしい店員さん。いいね!!

P1030267.jpg
<リーガルシーフードの店内の風景>

注文して待っていると、クラムチャウダーとロブスターが到着。その場でクラムチャウダーにでっかいミルでブラックペッパーを入れてくれるという粋なサービスがよかった。
しかしまぁ、ロブスターって食べるのが難しいのな。爪の先まで身が入っているのはいいけど・・・ロブスターの下に敷いてある大量の貝(クラムと何とか言う貝)を消費するのは非常に大変だった。結局残してしまったけど。


P1030268.jpg
<ペッパーサービス>

P1030269.jpg
<クラムチャウダーうま~>

P1030271.jpg
<ロブスター登場!!! でかい!!!>


ランチは二人で50ドル程度。すこし値は張るが、ボストンを訪れたら一度はたべたいものだ。

腹を満たすと、マサチューセッツ工科大学へ向かう。
キャンパス内は独特の雰囲気だった。ハーバードとも違う、理系独特の雰囲気。
広い芝生では学生がフリスビーを楽しんでいた。なんともまあ、最高の学習環境だな。みたことのある建物もたくさんあった。


P1030282.jpg
<講堂前でフリスビーをする学生たち>

P1030293.jpg
<有名なドームの建物>

P1030296.jpg
<ドームの建物の内部>


しかし、マサチューセッツ工科大学に来たのは、建物を見ることだけがメインではない。DAの中でのメインは、マサチューセッツ工科大学の博物館。ここはすごい。当時のLISPマシンやら最新のマシン、ちょっとしたからくり、3Dなど、すごく楽しめた。学生だと3$で入場できる。


P1030301.jpg
<月に行った星条旗>

P1030316.jpg
<万博で見たひともいるのでは??>

P1030324.jpg
<なんか、すげーオブジェマシンwww>


マサチューセッツ工科大学が終わった後は、時間が余ったので少し遠い「JFKの生家」へと向かう。途中ボストンの中心にある公園を通ったり、植物園を通ったりしてリフレッシュ。


P1030330.jpg
<リスたちの×××。公園歩いてたら見つけたwww
 邪魔してごめんね。ほんと・・・>



JFKの生家はただの民家。見るものなんてほとんどない(笑)だけど、せっかくアメリカでもっとも有名な大統領の一人が生まれた地にいるんだから、行くべきだろうと。


P1030344.jpg
<JFKの生家。ただの民家。(韻を踏んでいるところに注意)>


生家をあとにすると晩ご飯の時間。ちかくに日本人が経営する「ケンラーメン」へと行く。そこで醤油ラーメンとごはんを食べる。久しぶりの日本食にウマーwww
じっさい、ラーメン屋としてのレベルは非常に低いが、日本語が使えること、日本食があることを考えるとよかったと思う。


P1030353.jpg
<久々の日本食キターwww>



こうしてボストン観光の1日目が終わった。
この日は午後9時ごろには布団に入った。



2010年夏 アメリカの旅 大学めぐり編  ー完ー



○2010年夏アメリカの旅インデックスへ
2 CommentsPosted in 旅行

2010年夏 アメリカの旅(1) <ボストン到着編>

09 21, 2010
9月2日(日本時間)

DAの朝は早い。
興奮のためか、朝は7時に起床。
マンゴーオレンジのスーツケースを引っ張って京成上野に到着したのが午前10時20分。
緊張のためか気分が優れない。上野の薬局で漢方を購入し、駅にてtwelfth君と合流。

ここからtwelfth君との1週間が始まる。

午前11時。京成スカイライナーが上野駅から滑り出す。

P1030132.jpg
<新型スカイライナーかっこいい!>

P1030135.jpg
<新型スカイライナーの車内>


非常に快適な車内。スーツケース置き場も広く、申し分ない。出発してすぐに日暮里駅に停車。そして成田空港へ向けて走り出す。途中、隅田川、荒川を抜け、スカイツリーを横目に東京を抜ける。160km/hの世界を終えるとそこは日本の空の玄関口。
驚くべきところは、空港に入る時もIDチェックがあるということだ。

時間のゆとりはあるが、早々にチェックインすることに。デルタ航空のカウンターにいく。
あらかじめeチケットを取っていると、パスポートチェックだけでチェックインが完了する。

スーツケースを預け、身軽になった我々は、最後の日本食を食べるべく、空港内のそば屋でそばをすすることに。これから、この日本食ともお別れなのだと思うと、非常に感慨深い食事となった。

さて、問題なく手荷物チェックを終え、出国手続きも楽々終了。途中、CHANELの香水をお姉さんに吹きかけられるという事件もあったが、ほとんど何事もなく飛行機に搭乗できた。このときDAは思っていた。「なんだ、海外旅行なんて余裕じゃねーかwww」と。しかし、この考えはすぐに覆される

P1030147.jpg


P1030150.jpg


搭乗した航空機はデルタ航空。日本語が話せる搭乗員はいるが、ほとんどは現地の人。話す言語は英語。そりゃそうだ、西洋人に取っちゃ日本人も韓国人も中国人も同じに見えるからね。しかも、そういう人は結構多いんです。

しかしながら、航空機に乗るのは実家が福岡のDAにとっちゃ普通のこと。別段なにもなかった。後ろのアジア系の外国人がポータブルDVDプレーヤーで音をガンガンだしながら子供番組をガキに見せていたり、ガキがぐずってうるさかったりしたこと以外は・・・

機内食は想像よりもおいしかった。「Beef of Chicken?」の件はすぐに対応可能であったが、三度目の食事の「omlet?」はわかんなかった。「noodle or アムルェット?」なんだよアムルェットってwww 事前に配られたメニューを見るとどうやらオムレツらしい。すごいわかんなくて焦ったわ。 

まあ、機内での出来事なんてこんなもの。ほとんど寝てたりDSしたり。そうこうしているうちに(実際はそうこうという言葉とはほど遠いほどの時間だったが)アメリカ、ニューヨークはJFK空港に到着。



9月2日(アメリカ東部時間)

<15時>
さて、ここからが日本語が一切通じない世界。まずは入国審査。ここからDAの不運な一日が始まる。
まず、並んだ窓口の前のおばさんが長い長い。どうやら指紋がほとんどないらしい。指紋の照合、採取がなんどやってもうまくいかないらしい。やっと通過できたと思ったら、今度は待てど暮らせどスーツケースが出てこない。
やっと出てきて国内線トランジットの方に行こうとすると、DAだけ、なんか女の職員に言いがかりをつけられる。どうやら「何の目的で来たんだ?」といっている。もちろん「sight seeing」なのだが、どうして俺だけに?という疑問が俺の思考を停止させる。こわい。アメリカこわい。
さらに、金属探知機を通ると、反応し、怖い黒人の職員から「Step back!!」と大声で怒鳴られるし。もういやだ。アメリカいやだ。
やっとの事で乗り継ぎの場所へ行くことができると、もう時差ぼけで眠い眠い。腹ごしらえで初めてのピザを購入。とにかくでかい。そしてうまい。コーラは最高だね。
その後、デルタ航空でボストンへ向かう。


P1030157.jpg
<JFK空港にあった自販機。iPodとか売ってる>


P1030158.jpg
<アメリカでの初ピザ。こんなん食ってるからピザになるんだよ>



<21時>
ボストンローガン国際空港に到着後、またも出てくるのが遅いスーツケースをようやくピックアップして、予定通りチェルシーのホテルへ向かうことに。

予定では、空港→(ローガンシャトル)→AirPortStation→(T ブルーライン)→Maverick→バス→ホテル であったのだが、Maverickの段階ですでに22時。バスはもちろんあるはずなのだが、来ない。 仕方ないからタクシーを使おとして、運転手に値段を聞いてみると25ドルだとよ。ふっかけられそうになったけれども、twelfth君がなんとか阻止してくれた。運転手とのやりとりをみていた宗教の布教活動をしていたスパニッシュ系の人々に声をかけてもらい、事情を説明。すると、どうやら助けてくれるらしいという。知り合いのタクシーを呼んでもらえるとかなんとか。
怪しいと思いつつも、宗教パワーを信じることに。10分後、車が到着。車内ではいろいろpoorな英語で会話を行った。そうこうしているうちにすぐにホテルに到着。値段は7ドルでいいと言っていたが、気持ちを込めて10ドル渡した。そして最後に堅い握手を交わした。
かくして激動の一日は幕を閉じたのだ。その日はゆっくり休むことにした。ホテルは、Wyndham Bostonというホテルで、1泊1万円するかしないかの値段なのに、かなり広めできれい。最高の寝心地だった。


P1030161.jpg
<ボストンの地下鉄Tのブルーライン>

P1030163.jpg
<滞在したホテル Wyndham Boston 翌朝撮ったもの>


こうして僕ら2人の初めてのアメリカ旅行が幕を開けたのだ。



ボストン到着編 <完>


次を書き次第、リンクを張ります。
3 CommentsPosted in 旅行

2010年夏 アメリカの旅 <序章>

09 21, 2010
こんばんは。DAです。
さてさて、いろいろ忙しいことがおおくて、ブログ更新がおっくうになっていましたが、9月の頭の、アメリカ旅行のレビューを写真を含めて行っていきたいと思います。

さて、今回、同じ大学である友人のtwelfth君(ブログのリンクがあります)と一緒にアメリカはボストンに3泊、ニューヨークに3泊してまいりました。
ツアーで参加すると軽く20万以上はかかってしまうのですが、ExpediaなどのWEBサイトを利用したり、自分で航空券を取ることで、20万以下に抑えることに成功しました。

なんだか長くなりそうなのでいくつかに分割してレビューしますね。
では、お楽しみください。



○2010年夏 アメリカの旅(1) <ボストン到着編>

○2010年夏 アメリカの旅(2) <ボストン大学めぐり編>

○2010年夏 アメリカの旅(3) <ボストン満喫編>

○2010年夏 アメリカの旅(4) <初めてのニューヨーク編>

○2010年夏 アメリカの旅(5) <ニューヨーク満喫編>

○2010年夏 アメリカの旅(6) <さよならUSA、ただいま日本編>

0 CommentsPosted in 旅行

ただいま!!

09 10, 2010
昨日、アメリカから無事帰国しました。


アメリカで8日の誕生日を迎えたかとおもうとすぐに飛行機に乗り、
日本に着いたらすでに9日の夕方・・・


ことしの誕生日はなんか変な感じです。




さて、旅行記をどんどん書いていこうと思いますが、思いの他、時差ボケが激しく、
今にも眠りそうな勢いです。

というわけで、明日から、ボストン編、ニューヨーク編に分けて記述していきたいと思います。
それでは、お休みなさいませ。


0 CommentsPosted in 旅行
プロフィール

DA

Author:DA
こんにちは。川崎市在住のDAです。
大学生を営んでいますが、趣味で音楽を少々かじっています。
DTMでデモを作ってバンド活動を行っています。ちなみにパートはキーボードです。

あと、Apple製品と音楽機材が大好きですね。Mac最高!

ブロとも、リンクなど歓迎します。お気軽にどうぞ。

ブロとも申請フォーム
ついったー
フォロー歓迎!!
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
友人に誘われてカウンターつけてみました。
1月15日設置。
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。